コンテナボックスについてのまとめ

コンテナボックスは比較的、小型のプラスチック製の箱です。様々なシーンで使われており、日用雑貨からオフィス、また物流まで幅広く使われています。
種類としては、ボックスタイプを基本として、フタを付けて密閉性を高めたものがあり、また折りたたみタイプのものもあります。また通気性を高め軽量化したメッシュタイプなどは丈夫で物流の現場で広く使われています。密閉性の高いものであれば、水やホコリの侵入に強くそれらに弱いものを保管しておくのに適していますし、折りたたみタイプであれば使用しない場合には折りたたんでおけるのでコンテナボックスを保管するスペースを節約することができます。
またコンテナボックスは同じタイプのものであれば溝が噛み合い積み重ねても倒れにくいといったメリットがあります。

コンテナボックスの種類と用途について

コンテナボックスの種類は、単なるボックスタイプ、折りたたみタイプ、メッシュタイプに分類されますが、ボックスタイプでもフタが付いたもので、バックルやストッパーなどを付けたものやパッキンを使用して密閉性を高めたものなどがあります。折りたたみタイプは、基本的には使用しないさいに保管スペースを節約するために有効なものですが、可動部分が多いため耐久性が求められるものはやや重たくなります。メッシュタイプはボックスそのものが軽量で通気性があり、また持ち手もあるので、重たいものを入れても持ちやすいといった特徴があります。
用途としては、コンテナボックスを持ち運ぶためのほか物を保管するといったものがあり、特に密閉タイプは食品を安全に保管しておくさいには有効な手段といえます。

コンテナボックスの使い方のまとめ

コンテナボックスの使い方としては、持ち運ぶことと保管することの2種類です。
持ち運ぶ場合でも重たいものを運ぶのであれば丈夫で持ち手があるメッシュタイプが適していますし、比較的軽量な場合にはコンテナボックスを保管しておくスペースが節約できる折りたたみタイプが適しています。
また半透明のものであれば中身が確認できるので積み重ねていても目的のものをすぐに見つけることができるといったメリットがあります。
密閉性の高いコンテナボックスに保管するものとしては、湿気に弱いものが適しており、古い紙で出来た書類や食品などを保管するのに有益なものです。特に密閉タイプであれば水の侵入を防ぐことができるので、完全に水没するといったことがない限り中身に水が侵入することがなく安全に保管するのに適しています。