コンテナボックスとはどのようなものか説明します

コンテナボックスとは、箱型をした収納用品のことで、ボックスの上に積み上げられることができます。強度もあるので工具や細かい部品などの収納にも役立ちます。
大きさや仕様にも様々な種類があるので、収納するものに応じて選ぶことができます。種類の中には、個体の他に液体保存が可能なコンテナや、折り畳み式になっている省スペースコンテナなどもあります。
収納目的として利用される場合が多いコンテナボックスですが、工夫次第ではインテリアとして飾ることもでき、一石二鳥の役割を果たすことも可能です。
そこで、コンテナボックスの意外な利用方法や、おすすめの利用方法などを詳しくご紹介します。シンプルな形状だから工夫がしやすいのも、このコンテナボックスの特徴でもあります。

シンプルなコンテナボックスの意外な使い方

コンテナボックスには業務用などもあります。書類や道具の多い会社や学校などでは、業務用のコンテナが利用されています。この収納コンテナの特徴は、多くの種類を一目で区別することができるように、カラーバリエーションが豊富になっているところです。
会社では様々な重要書類があり、それらを区別して人的ミスを減らすのにコンテナボックスが使われています。また学校では、課題の提出時や道具の片付けなど、広く利用されています。使用しない時には畳むことができ、場所を取らないので大変便利です。
このコンテナボックスをカラー違いで積み上げて玄関に置くと、簡単な下駄箱に早変わりします。靴を入れるのに最適な大きさのものもあるので、サイズを見て選びましょう。
また、高さがなく幅広タイプを使用して収納ラックに置くことで、洋服の収納ボックスになります。特にお子さんの好きなカラーを選んで子供部屋に置けば、片付けも楽しくなるでしょう。

少し大きめのコンテナボックスの活用法

深さがあり少々大きめのコンテナボックスなどは、お子さんのおもちゃ入れに最適です。その他にも変わった使い方があります。
例えば、好きなカラーのコンテナを丁度良い高さに積み上げて、その上にコンテナと同じくらいの天板を乗せればおしゃれなテーブルになります。通気穴があるタイプでは、その穴が模様のように見えておしゃれです。また、穴が無いタイプでもステッカーなどを貼ることで、個性的なテーブルになります。
その他には、植木鉢が入る大きさのものを使用することで、観葉植物をおしゃれに飾ることができます。湿気を防ぐために通気穴があるタイプがおすすめです。飾る観葉植物に合わせてコンテナボックスのカラーも変えると、より植物を引き立たせてくれます。果樹園などでよく利用されることが多い持ち手が付いたタイプでは、かわいいカラーも登場しているので、買い物用のマイバスケットとして利用するとおしゃれです。

初めの月は賃料無料!など契約についての詳細をご覧いただけます。 ご覧頂いた物件と関連したお近くの物件情報などがすぐに確認いただけます! 新規でオープンしたお得な最新情報が充実しています。 事業を開始するにあたりオーナーとしての投資プランを展開中! 全体的なご利用の流れを、一つひとつ丁寧に説明しています。 弊社の電話番号や会社情報などごあいさつも兼ねてご紹介しております。 コンテナボックスをお探しの方はこちら!